ブログ

3.4.1 (a)’ 実績要求

👉目次へ

実績要求は、外資を管理し、促進するために受入国によって課される強制的措置である。投資家や市場競争に大きな影響を与え得る。国際的な投資協定(WTOなど)にみられる、実績要求条項の中核は、(a-1)’のローカルコンテンツの要求、(a-2)’の外為均衡要求、および(a-3)’の輸出実績要求などの実績要求を、投資家が投資許可や優遇措置を受けるための条件としてはならないというものであり、その目的は国内投資家と外国投資家との公正な競争を確保することにある[1]

当初、中国は、上述のような実績要求を定めていた。これらの実績要求の主な目的は、中国の資金不足を補うこと、国内経済の成長を促進すること、輸出および外貨準備を増加させることであった。

👉4.3 


[1] (李)参照

関連記事

  1. 7.3 外商投資法の適用範囲―外商投資企業の定義
  2. 第7章 外商投資法の制定
  3. 4.5 WTO議定書による(g)’ 強制技術移転停止の要求
  4. 9.3 独禁法の経営者集中審査(外商投資法第33条)
  5. 第8章 投資保護(外商投資法第3章)
  6. 6.1 習近平政権による戦略的な全面開放の決定
  7. 4.2 国民待遇、最恵国待遇、公平かつ公正な待遇
  8. 3.4 各制限策の内容
PAGE TOP