ブログ

5.2(a)優遇税制の終焉

👉目次へ

2007年3月、全国人民代表大会(NPC)は、内資および外国投資企業ともに25%の全国法人所得税率を適用する、新しい企業所得税法を採択した。新しい法律により、数十年にわたる外商投資企業の優遇税制が廃止された。

現在の政策は、外商投資企業と内資企業を税の面でほぼ同じに扱い、外国投資家にとっての便益は以前ほど大きくない。現在残っている典型的な税制上の優遇策は、奨励類への投資、「中西部地区外国企業投資産業奨励産業目録」に関連する加工貿易および施設への関税の免除である。

👉3.2.1 

関連記事

  1. 12.4 定款変更
  2. 3.2.1 (a) 税制上の優遇措置
  3. 第1章 はじめに
  4. 3.2.4 (d) 登録資本の引受け(資本金の払込みに代えて)
  5. 6.9 米国による(g)’強制技術移転に対する批判と規制の変更
  6. 10.7 SCSが実際にどのように作用するか
  7. 12.4.3 利益分配
  8. 9.5 国家安全審査(外商投資法第35条)
PAGE TOP