ブログ

3.3 制限策

👉目次へ

制限策には、もともと以下のものが含まれていた:

(a)’実績要求(以下を含む):

(a-1)’ローカルコンテンツの要求

(a-2)’外為均衡要求(輸出入均衡の要求)

(a-3)’輸出実績の要求

(b)’外資規制

(b-1)’VIE

(c)’会社の設立・変更に関する厳格な手続

(d)’投注差

(e)’外貨送金

(f)’M&A規制

(f-1)’外資によるM&Aの独占禁止審査

(f-2)’外資によるM&Aの国家安全審査

(g)’強制技術移転

(h)’合同年度検査 / 合同年報

(i)’補助金交付による国有企業の競争上の優位

(j)’収用または公共使用の可能性

これらの制限策によって、外商投資企業は一定程度の「逆国民待遇」を受けていた。

関連記事

  1. 6.9 米国による(g)’強制技術移転に対する批判と規制の変更
  2. 中国の新しい外商投資法
  3. 第2章 なぜ、中国で「二重システムモデル」が採用されたのか
  4. 1.2 「二重システムモデル」の例
  5. 12.3 会社法に従い調整を要する事項
  6. 6.5 (d) 登録資本の引受(払込済資本に対して)が内資企業に…
  7. 3.4.1.1 (a-1)’ ローカルコンテンツ要求
  8. 9.3 独禁法の経営者集中審査(外商投資法第33条)
PAGE TOP