ブログ

3.4.1.3 (a-3)’ 輸出実績の要求

これは、一定量の生産物が輸出されなければならないという要求である。

当初の中外合弁経営企業法実施条例(第4条)には、「設立申請する合弁会社は、・・・経済効果に留意し、・・・製品の輸出を拡大し、外為収益を増加させることができるものでなければならない」と規定されていた。

当初の外商独資企業法(第3条)には、「外国投資企業の設立は、中国の国民経済の発展に資するものでなければならず、輸出の全部または大部分に先進的な技術および設備を採用するか、または製品の全部または大部分を輸出しなければならない」と規定されていた。

関連記事

  1. 4.5 WTO議定書による(g)’ 強制技術移転停止の要求
  2. 9.1.2 VIE
  3. 3.4.7 (g)’ 強制技術移転
  4. 9.3 独禁法の経営者集中審査(外商投資法第33条)
  5. 3.4 各制限策の内容
  6. 目次
  7. 3.4.5 (e)’ 外貨送金
  8. 12.2 中外合弁経営企業法と会社法の違い
PAGE TOP